壁面緑化とは何か、そのメリットと今後の課題とは

壁面緑化とは何かご存じですか?

壁面緑化という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。緑の葉でおおわれた都心のオフィスビルなどを見かけることが多くなりましたが、そういったオフィスビルのように建物の壁を本物の植物でおおうことを、壁面緑化と呼びます。オフィスビルだけではなく、最近ではショッピングモールやマンション、個人の自宅でも取り入れているケースがあります。街の中でもひときわ目をひく壁面緑化ですが、多くのメリットがあり、今後も増加していくと予想されています。

壁面緑化のメリットとは

壁面緑化の最大のメリットは、ビルの表面温度を下げる点です。都心ほど温度が高くなるヒートアイランド現象ですが、壁面緑化はそういった問題の解決に大きく貢献しています。また壁面温度を下げるだけでなく、生きている植物なので、空気を浄化する効果があり、壁が直接日光に当たらないので紫外線を防ぎ、建物の劣化を防ぐといった効果まであるのです。また、壁面緑化された建物は外観がとてもオシャレに見えるという点もあります。そのため、壁面緑化がショッピングモールなどの集客率の向上にもつながっています。

壁面緑化の今後の課題とは

多くのメリットがある壁面緑化ですが、課題もあります。一番の課題はコストの面です。ヒートアイランド現象の問題解決ためにも多くの都心のビルで壁面緑化を進めるべきですが、壁面緑化をするには、技術力と費用がかかります。またいったん壁面緑化したとしても、それを維持するのにまたコストがかかってきます。生きている植物でおおわれているので、水を定期的に与える必要があり、それなりの人件費や設備費用がかかってきます。また水を与える際に漏水したりすることがないよう注意を払う必要もあります。

壁面緑化によく使われるのがキヅタ属の植物で、ヘデラ類と呼ばれることもあります。そのうちの一つであるキヅタは日本にも自生しています。